*

手続きの難しさ

特定調停という方法も任意整理による処理とほぼ同じくそれらの貸方への支払いを続けることを選ぶ債務の整理の手順のことです。

 

わかりやすくいうなら裁判所が関与する負債の整理ということができます。

 

この手順も任意整理による解決とほぼ同じく破産宣告と違い一定のお金のみをまとめていくことになるので、他に連帯保証人が関係している負債を別として整理していく際や自動車ローンの分を除き手続きをする際なども検討することが可能になりますし、財産を手放してしまう義務がないため、自動車や土地などの自分名義の財産を所有しているものの、処分したくない場合などでも有力な選択肢になる債務整理の方法といえるでしょう。

 

しかしながら、手続き後の返済に必要な額と実際としての収入を検討して適切に返済の目処が立つようならば方法を選択することは可能ですが、破産宣告とは異なって借金そのものがなくなってしまうというわけではありませんので元金の額が多い場合においては現実問題として特定調停による選択肢を選ぶのは困難だということになります。

 

また、この特定調停は裁判所が介入することになりますので司法書士事務所などに見てもらわなくても不利な立場に立たされることがないという点やお金を節約できるという点はありますが、各債権者からのきびしい催促に債務者自身が対応しなければならない点や所定の裁判所に何度かおもむくことが求められるなどのデメリットもあります。

 

くわえて、任意整理による処理と比較すると、調停にて解決できないような場合は金利を全部含めた形で返済していかなければならない点や最終的に貸し手へ払う合計額が任意による整理に対して割増しになる傾向にあるというような注意が必要な点もあります。

 



コメントする